IT社会の発展に必要だからこそ

ITの発展は、もはや日本国内だけにとどまらず、インドと手を結ぶほどにITの力が拡大しているのです。ともすれば日本の情報社会の発展は、インドとの関わりが大きなウェイトを占めていくことが考えられて、日本とインドの情報力が合わさることで、情報の進化形を目の当たりにするようになるかもしれません。

インドで事業の拡大を目指している方は、「日本のITの力をもっと世界に知らしめるべきなんだ。この力を日本に埋もれさせるのはもったいないことだし、インドは可能性の宝庫のようなものだから、インドを拠点としてITスキルを高めていくことも良い選択肢となるはずだ」と思っているのではないでしょうか。インド人もまた、日本に来日してITスキルを向上させていこうとすることが大いに考えられて、日本で価値あるエンジニアとして成長を遂げたときに、インドと日本は巡り会うべくして巡り会ったのだと改めて実感するかもしれません。インドに運命を感じる方にとって、インドを成長の場として捉えていると思い、インドに溶け込むくらいにインド人とのつながりを重視する日本人が増えていくことが窺えてきます。

人によっては、インドが今後のIT社会を牽引する立場になると思っている方がいるのではないでしょうか。インドからの情報発信により、世界を光の彼方に導いていく時代が訪れるかもしれませんし、インドでIT企業を起こすことで、まるで世界の中心に立ったかのような優越感を抱く方がいても不思議ではないと思うのです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です