その誇りが次なる自信へ

ITの仕事に携わるならば、絶対にエンジニアになるべきだと思っている方が少なくないでしょう。技術者になることで、周りの人達からチヤホヤされることを喜びとする方がいると思い、専門性のある仕事に就いている貴重な人材として自分を誇り高く意識するようになることが考えられます。

技術者としての自覚を持ちつつエンジニアとしてIT企業に勤めている方は、「技術者としての響きがエンジニアであることの意味を再確認させていく。様々な問題解決に立ち向かうためにエンジニアになるための長い道のりを経てきたんだ。エンジニアとして生きる男の生き様を貫き通すことが、俺個人の男らしさを象徴させていくことになるんだ」と、事あるごとに意識するのではないでしょうか。エンジニアという職業で高い評価に値する男の仕事として完遂したときに、「エンジニアとして定年まで働いたことは素晴らしいことなんじゃないのか?この仕事が徹底的に男であるべきだという意識喚起を促してきたと言っても過言ではないはずだ。俺の仕事を認めてくれている人達がいるわけだし、IT企業が俺を男にさせたようなものだ」と感動を味わっている方がいると思うのです。

一方で、女性がエンジニアを目指すことは多々あると考えられて、膨大なデータ量を瞬時に見分けていく能力を持っている女性ならば、IT企業に勤めることが必然だと意識するようになるかもしれません。生まれ持った情報処理能力の高さがIT社会で優位に立つ条件となるのです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です