エンジニアの意思を代弁するもの

システム運営に必要なプログラムを作るために、プログラミングをする方が必要であり、その方達による大規模なシステム構築によって、IT社会の新時代を築くことになると言っても過言ではないのです。ITをITたらしめるためにプログラミングが存在すると思っている方がいるでしょうし、正しいプログラミングが構築されてこそ、IT社会に活路を見いだしていくことにつながるのです。

プログラミングと聞くと、根気強くコンピューターと睨めっこをするものだと想像する方がいるのではないでしょうか。ただ一つの答えに向かって黙々とコンピューターにかじりついているエンジニアは、「コンピューターが、俺の意図したような作動ができるように的確なプログラミングを構築していかなければならない。まあ、俺みたいに昔からカンがいい奴ならば、まるで広大な砂漠の中で米粒を探すような作業さえも問題なく解決できるから、まさにプログラミングは俺にとっての天職そのものだ」というくらいに、自分が今携わっている仕事に自信を持っていることが考えられるのです。

いかにも数少ないチャンスの中で決定打となる打撃を相手に与えていく機会を窺っているかのように感じて、プログラミングをするのに相応しい状況判断力を研ぎ澄ませていくと思います。人によっては、「プログラミングなだけに『プロ』フェッショナルな仕事をしている俺って偉いよなあ?」というおやじギャグを言うことが考えられますよね(笑)。

そこまでITを愛しているからこそ、サーバは大事にしたいもの。サーバーはエンジニアの仕事において重要な役割があります。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>